川澄敬子の眼の高さで日記

 日本共産党茨城町議員の川澄敬子です。日ごろの活動や議会報告、日本共産党の政策などをお知らせするために、ブログを始めました。「眼の高さで」というのは、わたしの詩のタイトルで、子どもの眼の高さでまわりを見たときの新鮮な驚きを書いたものです。町民の「眼の高さで」議員活動をしていきたいと思います。

 新人議員勉強会の一環として、大洗町議会との交流会が行われました。大洗町からは、今村議長はじめ3人の新人議員の皆さん、議会事務局長が参加、茨城町からは石川・鳥羽田力・川澄(1期)・大山・山西(2期)の5人と海老沢議長・事務局が参加しました。 大洗町議会では、

 12日午前、議員有志で大洗町議会を傍聴しました。大洗町議会では、町民が気軽に傍聴できるよう、土曜日や日曜日に議会を1日開いているそうです。 12日当日は、町長の施政方針に対しての質疑が行われました。議員の皆さんが町政のさまざまな問題について、熱心に質疑を

 3月議会が終わりました。3月は、予算を決める議会なので、たくさんの議案について検討しました。 7日に一般質問が行われ、わたしは①保育園の保育枠の拡大と父母負担の軽減 ②通学路の防犯灯 ③指定廃棄物問題 ④広域ごみ処理施設問題 について質問しました。①につい

 今日から3月議会が始まりました。28年度予算をはじめ、38件の議案が提案されました。町民の暮らしにとってどうなのか充分検討し、意見を述べたいと思います。前回わたしや山西議員が質問したスクールバスの負担軽減については、3人目は無料にするとの提案が出されています

 霞台厚生施設組合議会が開かれました。広域ごみ処理施設の基本構想最終案が出されたことによる一般会計予算などについて審議しました。 審議に先立ち、議会運営についての申し入れを拒否したり、議会での質問を制限するなどの議長について、小松議員が不信任を提出しまし

↑このページのトップヘ