霞台厚生施設組合議会が開かれました。広域ごみ処理施設の基本構想最終案が出されたことによる一般会計予算などについて審議しました。
 審議に先立ち、議会運営についての申し入れを拒否したり、議会での質問を制限するなどの議長について、小松議員が不信任を提出しましたが、否決されました。(賛成3議員)
 一般質問も行われ、日本共産党としては小松石岡市議とわたしが質問。ほかに桜井石岡市議が質問しました。
 わたしは、①ごみの減量目標とごみ分別一元化について ②ごみ運搬の中継について ③最終処分場について ④住民へのお知らせと意見の集約について質問しました。質問で明らかになったのは、最終案と言いながら検討課題が多く、未定のものが多すぎること。コスト削減と言いながら、広域ごみ処理施設建設が先にありきで、住民にとって何が適切かが全く議論されていないことです。
 町民にもっともっと知らせなければと思いました。