P_20170805_133612 本日8月5日(土)、いのち輝く茨城町の会を結成しました。
 今日は、守谷の会・石岡の会・大洗の会と重なってしまい、鶴田まこみさんはおいでになれませんでしたが、その代わり、水戸の会での鶴田さんのあいさつの動画を、皆さんに見ていただきました。
 初めに、江尻かな県議から、茨城県政の現状と問題点・課題や鶴田さんの政策などについて話していただきました。そのあと、参加者の皆さんからの質問や要望をお聞きしました。

「地震が頻発しているが、茨城県の地震対策はどうなっているのか」
「県議選の選挙区の分け方がおかしい。自民党の都合のいいように変えている」
「茨城県は医療が遅れている。メディカルパーク(医療も介護も含めた)構想はどうか」などなど、いろいろ意見が出ました。また、
「現職が子どもの医療費18歳まで無料などと言いだしているが、今まで24年間、何をやっていたのか」
「現職には、魅力度47位(最低)の茨城県にした責任がある」
「週刊誌に出ていた、自民党県議への130万円提供問題。相変わらずの金権体質にあきれる」
などの意見が出て、やっぱり県知事には鶴田まこみさんしかいない、どうやったら勝てるか知恵を出そうと話し合いました。130万円問題では、江尻県議から、「県議会の自民党控室の奥には、『狐の間』という部屋があるそうだ。そこでお金を手渡したらしい」と聞き、あきれました。
 今後、宣伝カーの運行(9日まで)、政策チラシの配布、支持拡大などなど、それぞれの得意分野を生かして、鶴田まこみ支持を広げていきます。

いのち輝く茨城町の会
代表 磯部光雄(前茨城町議)
事務局 川澄敬子ほか3名
連絡先 〒311-3157 茨城町小幡1026 
             ☎&fax 029-292-5278 
             email:keiko.klear@gmail.com